【GAS】初回プログラム実行時の認証・許可のプロセスの進め方

【GAS】初回プログラム実行時の認証・許可のプロセスの進め方

自動化ツールの企画・開発・販売を行うGASラボでは主に「Google Apps Script(GAS)」と呼ばれる技術を用いて開発されています。

本記事ではGoogle Apps Scriptで開発されたアプリやツールで初めてプログラムを実行される場合に必要な認証・許可のプロセスの進め方について解説しています。

GASのプログラム実行時に表示されるポップアップ

Google Apps Scriptで開発されたアプリやツールで初めてプログラムを実行される際に、下記の画像のようなポップアップが出てきます。

 

画像

 

GASラボが提供するツールにはメニューバーに独自に「メニュー」が用意されており、初めてメニューを実行した際(正しくは初めてプログラムが実行される際)に、このポップアップが表示されます。

上記のポップアップが表示されましたら、まずは、「続行」をクリックしてください。

その後の操作手順は下記に従って進めてください。

 

STEP1:アカウントの選択

 

画像

次に上記のようなアカウントの選択画面になります。

本ツールを利用したいGoogleアカウントを選択してください。

 

STEP2:「このアプリはGoogleで確認されていません」の画面で「詳細」→「安全ではないページに移動」をクリック

 

画像

 

次に、上記のような怪しげな画面に遷移しますが、安心してください。これは、Google Apps Scriptで開発されたアプリ・ツールであれば、表示される画面になります。

この画面の左下にある「詳細」をクリックしてください。

 

画像

 

その後、詳細が表示されますので、画面左下の「安全ではないページに移動」をクリックしてください。

 

STEP3:「Googleアカウントへのアクセスをリクエストしています」にて「許可」をクリック

 

画像

 

最後に上記のような「Googleアカウントへのアクセスをリクエストしています」という画面が表示されます。
画面右下の「許可」をクリックしてください。

 

STEP4:再度実行したいメニューを実行

認証・許可のプロセスは以上で終了ですが、実行したかったメニューの実行は走りません。

そのため、お手数ですが、再度実行したかったメニューをクリックして実行してください。

以上で初回ご利用時に必要な認証・許可のプロセスは終了です。
次回以降のご利用時には、この認証・許可のプロセスは発生しませんので、ご安心ください。

 

【GAS】初回プログラム実行時の認証・許可のプロセスの進め方
最新情報をチェックしよう!