TwitterAPI利用に必要なKey・Secretの取得手順

TwitterAPI利用に必要なKey・Secretの取得手順

本記事では、TwitterAPIの利用に必要なAPI KeyおよびAPI Key Secretの取得方法について解説していきます。

前提として、GASラボが提供するTwitter自動化ツールを利用するための情報になりますので、他の用途でご利用される場合には、設定方法が異なる場合がありますので、予めご了承ください。

TwitterAPIを利用する上での注意点

TwitterAPIを利用するには下記の条件を最低限クリアする必要がありますので、ご注意ください。

  1. 公開されているアカウントである(鍵付きのプライベートアカウントではない)
  2. メールアドレスがアカウントに登録されている
  3. 電話番号がアカウントに登録されている

 

Twitterデベロッパーアカウントの開設方法

Twitterデベロッパーアカウントをお持ちでない方は、まずはTwitterAPIの利用手続きの前に、Twitterデベロッパーアカウントの開設が必要となります。

Twitterデベロッパーアカウントの開設に使用する「Twitter Developper Portal」のページ仕様が一部変更されている可能性がございますので、予めご了承いただけますと幸いです。

STEP1:Twitter Developer Portalにアクセス

Twitter Developer Portalにアクセスし、設定を進めたいアカウントにてログインをしてください。

※既にログインされている場合は、ログインのプロセスはありません。

 

STEP2:トップページの「Sign up」をクリック

STEP2:トップページの「Sign up」をクリック

次に、Twitter Developer Portalのメニューバーにある「Sign up」をクリックしてください。

 

STEP3:基本情報登録画面で、各種情報を入力

STEP3:基本情報登録画面で、各種情報を入力

アカウントの基本情報を入力される画面が表示されますので、各種情報を入力していきます。

  • What country are you based in?
    • 「Japan」を選択
  • What’s your use case?
    • こちらは「Making a bot」を選択すればOKです。
  • Will you make Twitter content or derived information available to a government entity or a government affiliated entity?
    • こちらは「No」で大丈夫です。
  • Get involved and updated
    • こちらはチェックをつけなくて大丈夫です。

上記を選択しましたら、右下にある「Let’s do this」をクリックします。

 

STEP4:Developer agreement & Policyで承諾し、Submitする

STEP4:Developer agreement & Policyで承諾し、Submitする

Developer agreement & Policyの画面が表示されますので、必要に応じて内容をご確認いただき、下部にある「Accept Terms & Conditions」にチェックを入れます。

その後、右下にある「Submit」ボタンをクリックします。

 

TwitterAPIの利用手続きの手順

続きてTwitterAPIの利用手続きの手順を画像付きで紹介していきます。アカウントによって表示される内容が変わることがあることや、TwitterAPIの利用手続きを進める「Twitter Developper Portal」のページ仕様が一部変更されている可能性がございますので、予めご了承いただけますと幸いです。

STEP1:Twitter Developer Portalにアクセス

Twitter Developer Portalのダッシュボードページにアクセスします。

※ログインされていない方は、ログインの手続き後、Twitter Developer Portalのダッシュボードページにアクセスしてください。

 

STEP2:ダッシュボードページで「Create Project」をクリック

STEP2:ダッシュボードページで「Create Project」をクリック

ダッシュボードページの「Create Project」ボタンをクリックします。

 

STEP3:プロジェクト名を入力

STEP3:プロジェクト名を入力

任意のプロジェクト名を入力します。上記のプロジェクト名はサンプルです。

プロジェクト名を入力したら、右下にある「NEXT」ボタンをクリックします。

 

STEP4:Use Caseにて「Making a bot」を選択

STEP4:Use Caseにて「Making a bot」を選択

Use Caseを選択する画面にて、「Making a bot」をプルダウンから選択します。

その後、右下にある「NEXT」ボタンをクリックします。

 

STEP5:プロジェクトの詳細情報を入力

STEP5:プロジェクトの詳細情報を入力

プロジェクトの詳細情報を入力するテキストボックスに、「Test bot with Image」などプロジェクトを説明する任意の情報を入力します。

その後、右下にある「NEXT」ボタンをクリックします。

 

STEP6:App名を入力

STEP6:App名を入力

任意のApp名を入力します。上記のApp名はサンプルです。

App名を入力したら、右下にある「NEXT」ボタンをクリックします。

 

STEP7:表示されたAPI Key とAPI Key Secretをコピーして控える

STEP7:表示されたAPI Key とAPI Key Secretをコピーして控える

次にAPI Key とAPI Key Secretが表示される画面になりますので、API Key とAPI Key Secretをそれぞれコピーボタンを押して、メモ帳などに控えておきます。

GASラボのTwitter自動化ツールでは、ここで取得した「API Key」と「API Key Secret」を利用します。

API Key とAPI Key Secretを控えたら、右下の「App settings」のボタンをクリックします。

 

STEP8:User authentication settingsの「Set up」をクリック

STEP8:User authentication settingsの「Set up」をクリック

次の画面で表示される「User authentication settings」のセクションがありますので、そのセクション内にある「Set up」をクリックします。

 

STEP9:User authentication settingsページにて、各種設定を実施

User authentication settingsページにて下記項目を設定してください。

STEP9:User authentication settingsページにて、各種設定を実施

  • App permissions
    • 「Read and write」を選択
  • Type of App
    • 「Web App, Automated App or Bot」を選択

 

STEP9:User authentication settingsページにて、各種設定を実施-2

  • AppInfo:Callback URI / Redirect URL

こちらは下記のように設定してください。

https://script.google.com/macros/d/{プロジェクトのスクリプトID}/usercallback

※プロジェクトのスクリプトIDはGASラボのツールのメニュー「スクリプトID表示」を実行すると表示されます。

※プロジェクトのスクリプトIDは本ツールのメニュー「スクリプトID表示」を実行すると表示されます。

 

  • Website URL
    • こちらは任意のWebサイトURLを入力していただければOKです。
    • 特にWebサイトをお持ちではない場合は「https://twitter.com」と入力すれば問題ございません。

 

各項目を設定しましたら、画面右下にある「Save」をクリックします。

 

STEP10:取得したAPI KeyとAPI Key Secretを利用する

STEP10:取得したAPI KeyとAPI Key Secretを利用する

これでAPIの利用設定が完了です。取得したAPI KeyとAPI Key Secretをツールに設定するなどしてご利用下さい。

 

※次の画面で下記のような画面が表示されますが、特に利用するものはございませんので、ここでページを閉じていただいて大丈夫です。

 

スキップしていいページ

 

TwitterAPI利用に必要なKey・Secretの取得手順
最新情報をチェックしよう!