Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールご利用マニュアル

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールご利用マニュアル

本記事では業務自動化ツールを企画開発するGASラボの「Twitterフォロー解除履歴自動記録ツール」の概要・使い方、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールの概要

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールの概要

 

本ツールはTwitterの標準機能にはない「フォロー解除した(された)」履歴を自動で記録することができるツールです。

一度初期設定をしてしまえば、ご自身のアカウントがフォロー解除したユーザーや、フォロー解除されたユーザーを自動でGoogleスプレッドシートに記録していくことができます。

記録される情報はフォロー解除した(された)ユーザーのアカウント名だけではなく、定量分析に便利なフォロー・フォロワー数などの数字データもカバーしております。

本ツールでは、フォロー解除履歴だけではなく、ご自身のアカウントの最新のフォロー一覧・フォロワー一覧も記録しており、相互フォロー状態についても簡単に確認できるような仕様となっています。

本ツールはシンプルな操作で設定・ご利用可能です。難解な関数やプログラミングの専門知識は必要ありません。画像付きのマニュアルがございますので、初心者でも安心してご利用いただくことができます。

フォロー・フォロワー管理を丁寧にされている方、手動でフォロー解除履歴を記録されている方などに特にオススメのツールです。

 

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールの3つの特徴

  1. フォロー解除の履歴をスプレッドシートに自動で記録

    • ご自身のアカウントがフォロー解除したユーザーデータや、フォロー解除されたユーザーデータを自動でスプレッドシートに記録します。
    • 記録するデータはアカウント名だけではなく、フォロー数、フォロワー数、アカウントのURL、合計ツイート数など、多様な情報をカバーしております。
  2. 最新のフォロー一覧・フォロワー一覧も確認可能

    • ご自身のアカウントの最新のフォロー一覧およびフォロワー一覧を自動で記録します。
  3. 画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

    • 本ツールはツイート情報取得にTwitterAPIを利用しております。
    • 初心者の方でも簡単にAPIの設定や本ツールの利用のための設定ができるよう、画像付きの丁寧なマニュアルを用意しておりますので、ご安心ください。

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールはこんな方にオススメ!

  • フォロー・フォロワー管理を丁寧にされている方
  • 手動でフォロー解除履歴を記録されている方

 

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールのご利用マニュアル

STEP1:ご購入された本ツール(Googleスプレッドシート形式)をコピー

STEP1:ご購入された本ツール(Googleスプレッドシート形式)をコピー

 

本ツールはGoogle Apps Script(GAS)が組み込まれた「Googleスプレッドシート形式」のツールとなっております。ご購入当初は閲覧権限のみに制限しています。自動化メニューをご利用いただくためには、ファイル自体をコピーする必要があります。

スプレッドシートのツールバーにあります「ファイル」→「コピーを作成」で編集権限のあるコピーシートが作成されます。

コピーシートにはプログラムも一緒にコピーされますので、コードを編集する必要性は全くありませんので、ご安心ください。

 

STEP2:TwitterAPIの情報を取得し、「設定」シートに貼り付け

STEP2:TwitterAPIの情報を取得し、「設定」シートに貼り付け

 

本ツールではTwitterAPIを利用して各種フォロー・フォロワー情報を自動取得しています。そのため、TwitterAPIの利用に必要な情報(API KeyおよびAPI Key Secret)が必要となります。

※参考:TwitterAPIの利用に必要な情報の取得方法については下記の記事で詳しく解説しております。こちらをご参照の上、API KeyおよびAPI Key Secretを取得してください。

TwitterAPI利用に必要なKey・Secretの取得手順

API KeyおよびAPI Key Secretを取得しましたら、本ツールの「設定シート」の「API Key」および「API Key Secret」の欄に貼り付けます。

 

STEP3:メニューから「アカウント認証」を実行し、認証手続きを進める

STEP3:メニューから「アカウント認証」を実行し、認証手続きを進める

 

次にTwitterAPIの利用に必要な「アカウント認証の手続き」を進めます。

ツールバーに本ツール独自の「メニュー」が用意されていますので、「メニュー」より「アカウント認証」をクリックします。

初めて本ツール独自の自動化メニューを実行する際には、初回認証プロセスが必要となります。初回認証プロセスの進め方は下記の記事に記載しておりますので、そちらをご参照ください。

 

その後、アカウント認証用のウインドウが表示されますので、「アカウント認証ページ」のテキストリンクをクリックします。

Twitterの認証画面が表示されますので、「連携アプリを認証」をクリックします。

「認証が許可されました」という表示が出ればTwitterの認証手続きは完了です。これでTwitterAPIを利用する準備が整いました。

※補足:「アカウント認証をクリア」機能もご用意しております。

利用するアカウントを変更するシーンなど、アカウント認証をクリアしたいときにご利用できる「アカウント認証をクリア」メニューもご用意しております。必要に応じてご利用ください。

「アカウント認証をクリア」機能

 

STEP4:「メニュー」より「リムーブチェック」をクリックし、動作テストをする

STEP4:「メニュー」より「リムーブチェック」をクリックし、動作テストをする

 

次にSTEP3までの手順が正しく設定できているかをチェックするため、動作テストを行います。

ツールバーに用意された独自の「メニュー」より「リムーブチェック」を実行してください。

本ツールの「フォローリスト」「フォロワーリスト」シートに、各種情報が出力されていたらテスト成功です。

「フォローリスト」「フォロワーリスト」シートへのデータ出力イメージ
「フォローリスト」「フォロワーリスト」シートへのデータ出力イメージ

本STEPが正しく実行されない場合やエラーが発生する場合は、STEP4までの設定に何らか問題がある可能性が高いため、STEP1からSTEP3までを改めて確認してみてください。

※補足:本ツールのフォローリスト、フォロワーリストの最大値について

フォローリストおよびフォロワーリストはAPIの制限があるため、それぞれ15,000件までしか取得することができません。ご注意ください。

補足:フォローリスト・フォロワーリストで取得・出力できる情報

本ツールでは、フォロー、フォロワーそれぞれで下記の項目を取得することができます。

  • userId
  • アカウント表示名
  • ユーザー名
  • プロフィール画像URL
  • TwitterアカウントURL
  • アカウント説明文
  • 鍵付きアカウントか否か
  • フォロー数
  • フォロワー数
  • 合計ツイート数
  • 情報取得日時

 

STEP5:メニューより「定期記録を開始」をクリック

STEP5:メニューより「定期記録を開始」をクリック

最後にフォロー解除記録を自動化するための設定を行います。

ツールバーに用意された独自の「メニュー」より「定期記録を開始」を実行してください。

「定期記録を開始」を実行すると、1時間に1回新たなフォロー解除のチェックの処理が走るようになり、過去1時間にフォロー解除した人やフォロー解除された人を検知次第、「フォロー解除した履歴」や「フォロー解除された履歴」のシートに自動記録されていきます。

「フォロー解除した履歴」や「フォロー解除された履歴」のシートへの出力イメージ
「フォロー解除した履歴」や「フォロー解除された履歴」のシートへの出力イメージ

※補足:フォロー解除した履歴、フォロー解除された履歴で取得・出力できる情報

フォロー解除履歴で出力できる情報は下記になります。

  • userId
  • アカウント表示名
  • ユーザー名
  • TwitterアカウントURL
  • アカウント説明文
  • 鍵付きアカウントか否か
  • フォロー数
  • フォロワー数
  • 合計ツイート数
  • 解除検知日時
  • フォローしている(またはフォローされている)

※補足:「定期記録をストップ」機能もご用意しております。

「定期記録を開始」実行後、自動記録をストップしたい場合に利用できる「定期記録をストップ」メニューもご用意しております。必要に応じてご利用ください。

「定期記録をストップ」機能

 

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツール:ご利用上の注意点

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、Twitterアカウントが必要になります。
  • 本ツールはTwitterAPIを使用して情報を取得しております。場合によっては、一時的に情報が取得できない場合や、情報の取得が失敗するケースもございます。予めご了承ください。
  • TwitterAPIを利用するためには、下記の3つの条件をクリアする必要があります。
    • 1:公開されているアカウントである
    • 2:メールアドレスがアカウントに登録されている
    • 3:電話番号がアカウントに登録されている
  • 本ツールの利用で発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。
  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。
  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。あらかじめご了承ください。
  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。
  • 本ツールはTwitterAPIの仕様変更に伴い、ツール自体の仕様が変更になる可能性やアップデートされる可能性がございます。予めご了承ください。

 

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールに関するよくある質問

Q.Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールはどこで入手できますか?

2023年1月現在、Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールは下記のプラットフォームにて公開しております。

Q.Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールの使い方に関する問い合わせ方法は?

ご購入されたプラットフォームそれぞれのお問い合わせ方法に従ってお問い合わせください。

Q.ツールを利用中エラーが発生しました。エラーの解消方法はどこに記載されていますか?

本ツールで発生するエラーのほとんどのケースがTwitter APIに関連するエラーと予想されます。

下記の記事のQ&Aセクションでは、発生したエラー別の解消方法を詳しく記載しておりますので、まずはこちらをご参照ください。

関連記事

本記事では、TwitterAPIの利用に必要なAPI KeyおよびAPI Key Secret(OAuth1.0a利用の場合)の取得方法およびClient IDおよびClient Secretの取得方法(OAuth2.0利用の場合)について[…]

TwitterAPI利用に必要なKey・Secretの取得手順

GASラボのTwitter自動化ツールのご紹介

GASラボでは主にGoogle Apps Script(GAS)を用いて自動化ツールを企画・開発しております。これまで開発したツールは2023年1月現在、60種類以上を超え、今後も随時新規で開発、公開する予定です。

GASラボでは、特にTwitterの標準機能には搭載されていない機能を補完できるTwitter自動化ツールを複数開発しております。ここでは、主なツールをご紹介します。

GASラボの開発した主なTwitter自動化ツール

GASラボでは本記事で紹介したTwitterフォロー解除履歴自動記録ツール以外にも、Twitterを自動化できるツールを複数ご用意しております。是非ご覧ください。

Twitterフォロー解除履歴自動記録ツールご利用マニュアル
最新情報をチェックしよう!