Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツール

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールご利用ガイド

本記事では自動化ツールやAIツールを企画開発するGASラボの「Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツール」の概要・使い方、入手方法、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。

目次

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールの概要

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツール

本ツールは、Twitter(X)の特定のリンク付きツイートの投稿数推移を自動で取得できるツールです。

  • Twitter(X)上の特定のリンク付きツイートの投稿数データを自動取得
  • 調査対象のリンクは任意で指定可能
  • 直近1週間の投稿数データを時間別で取得

Twitter(X)の標準機能では、特定のリンク付きツイートの投稿数を簡単に取得できません。

しかし、本ツールなら任意で指定したリンク(URL)付きツイートの投稿数推移を、自動で取得することが可能です。

特定のリンク付きツイートの直近1週間の投稿数データを、時間別で取得できます。

取得したデータはGoogleスプレッドシートに出力するため、データの分析や共有も簡単です。

また、取得したデータの分析をスムーズに実施できるよう、Googleの無料BIツール「Looker Studio(旧Googleデータポータル)」の本ツール専用の分析用テンプレートもご用意しております。

こちらのテンプレートは、Looker Studioを初めてご利用される方でも簡単に設定できる仕様となっておりますので、ぜひご活用ください。

なお、本ツールはGoogle Apps Script(GAS)を実装したGoogleスプレッドシート形式のツールです。

プログラミングコードの編集やコピペも不要で、Googleスプレッドシートが使用できる環境なら、WindowsでもMacでもお使いいただけます。

Twitter(X)上でアフィリエイトのリサーチを行いたい方、特定のWEBサイトの注目度を調査したい方、そしてLooker Studioを使った分析を行ってみたい方におすすめのツールです。

 

【本ツール専用】分析用Looker Studioテンプレートについて

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数分析_テンプレート

本ツールをご購入された方は、専用Looker Studioテンプレートを無料でご利用可能です。

本テンプレートを利用すれば、ツールで取得した投稿数データを簡単に可視化できます。

 

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールの3つの特徴

  1. Twitter(X)上で直近1週間のうち任意のURLつきの投稿数を自動取得

    • 任意のURLリンク付きのツイート投稿数(直近1週間)を時間別粒度で取得することができる自動化ツールです。
    • 本ツールを活用すれば、特定のWebサイトのアフィリエイトリンクの投稿数やトレンド、競合環境をリサーチ・分析することができます。
    • 取得したデータは分析や加工に便利なスプレッドシートに出力します。
  2. 本ツール専用分析用BIツールテンプレートつき

    • 取得したデータを簡単に分析できるようにするため、Googleの無料BIツール「Looker Studio」の分析用テンプレートをご用意しております。
    • 本ツール専用のテンプレートとしてご用意しており、セットアップもクリック操作のみで簡単に分析を開始することができます。
  3. 画像付き設定マニュアルがあるので、初心者でも安心!

    • 本ツールはリンク付きツイート投稿数データの取得にTwitterAPI(Basicプラン以上の有料プラン)を利用しております。
    • 初心者の方でも簡単にAPIの設定や本ツールの利用のための設定ができるよう、画像付きの丁寧なマニュアルを用意しておりますので、ご安心ください。
    • コードの編集やコピペは発生しないため、どなたでもご利用いただけます。

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールはこんな方にオススメ!

  • 特定のWebサイトのリンクを含めたX投稿トレンドを確認したい方
  • XやSNSなどでアフィリエイトをされている方
  • BIツール「Looker Studio」での分析にチャレンジしてみたい方

 

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールのご利用マニュアル

STEP1:ご購入された本ツール(Googleスプレッドシート形式)をコピー

ご購入された本ツール(Googleスプレッドシート形式)をコピー

本ツールは自動化スクリプト「Google Apps Script(GAS)」を予め実装した「Googleスプレッドシート形式」の自動化ツールです。

安全のため、配布当初のツール(スプレッドシート)は「閲覧権限」のみとなっております。

本ツールに実装された「自動化メニュー」を利用するには、本ツール(スプレッドシート)のコピーを生成する必要があります。

スプレッドシートのツールバーの「ファイル」→「コピーを作成」をクリックすると、自動化メニューが有効になったコピーツールを生成できます。

コピーツールには実装されたプログラムも一緒にコピーされますので、コードを編集する必要性は全くありません。ご安心ください。

 

STEP2:Twitter APIの情報を取得し、「設定」シートに貼り付け

Twitter APIの情報を取得し、「設定」シートに貼り付け

本ツールではTwitter API(Basicプラン以上)を利用して特定のリンク付きツイートの投稿数データの自動取得を実現します。

そのため、Twitter API利用のための情報(API KeyおよびAPI Key Secret)が必要となります。

※参考:Twitter APIの利用に必要な情報の取得方法については下記の記事で詳しく解説しております。ご参照の上、API KeyおよびAPI Key Secretを取得してください。

取得したAPI KeyおよびAPI Key Secretを、本ツールの「設定シート」の「API Key」および「API Key Secret」の欄に貼り付けます。

※初めて本ツール独自の自動化メニューを実行する際には、初回認証プロセスが必要となります。初回認証プロセスの進め方は下記の記事に記載しておりますので、そちらをご参照ください。

 

STEP3:メニューより「投稿数データ取得」をクリック

メニューより「投稿数データ取得」をクリック

次に任意のリンク付きツイートの投稿数データを本ツールの自動化メニューを利用して取得します。

本ツール独自の「メニュー」より「投稿数データ取得」をクリックします。

本自動化メニューを実行すると、「投稿数の調査をしたいURLリンク」を入力するテキストボックスが表示されます。

「投稿数の調査をしたいURLリンク」を入力するテキストボックスが表示

データを取得したいURLリンクを入力し、「OK」をクリックしてください。

データを取得したいURLリンクを入力し、「OK」をクリックしてください。

その後、指定したURLリンク付きのツイート投稿数データが直近1週間の時間別で取得され、本ツールの「投稿数データ」シートへ出力されます。

投稿数データ取得機能:仕様補足

  • 本ツールの「投稿数データ取得」はTwitter(X)APIの仕様上、15分間に5回までのリクエスト(実行)が上限となります。この最大制限を超えてしまうと”Too Many Requests”のエラーが発生しますので、ご注意ください。”Too Many Requests”のエラーが発生した場合は、時間を置いて再度実行してください。
  • 「投稿数データ取得」メニューを実行するたびに、一度投稿数データシートはクリアされます。ご注意ください。
  • 指定するURLによっては、正しく取得できない可能性があります。URLに「?」が含まれる際には、「?」以降を削除してみるなどお試しください。

「投稿数データ取得機能」メニュー実行時によくあるエラーと対応について

「投稿数データ取得機能」に発生するよくあるエラーは下記のようなエラーです。それぞれ対処法を記載しておりますので、ご確認ください。

  • 「Too Many Requests」
    • 原因:15分間に5回までのリクエスト上限を超えて実行された際に発生します。
    • 解決策:時間を置いて、再度実行してください。
  • 「”code”:99,”message”:”Unable to verify your credentials”」
    • 原因:設定シートに記載されている「API Key」や「API Key Secret」が誤っていることで発生します。
    • 解決策:設定シートに記載されている「API Key」や「API Key Secret」を再度ご確認ください。

その他のエラーの原因および解決方法は下記の記事に記載しておりますので、ご一読ください。

Twitter APIの設定時によくある疑問・エラーQ&A

 

本ツール専用の分析用Looker Studioテンプレートの利用方法

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールには、Googleの無料BIツール「Looker Studio」の専用テンプレートをご用意

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールには、Googleの無料BIツール「Looker Studio」の専用テンプレートをご用意しております。

本ツールで取得したリンク付きツイート投稿数データを簡単に可視化できるようになっており、本ツールのGoogleスプレッドシートをデータソースとして利用しているため、自動的に情報が更新されるようになっております。是非ご利用ください。

STEP1:本ツールの「設定」シートのテンプレートURLにアクセスし、「自分のデータを使用」をクリック

本ツールの「設定」シートのテンプレートURLにアクセスし、「自分のデータを使用」をクリック

本ツールの「設定」シートの「本ツール専用Looker Studioテンプレート」のURLをクリックし、テンプレートURLにアクセスします。

その後、右上に表示される「自分のデータを使用」をクリックします。

 

STEP2:「データのレポートへの追加」で本ツールのスプレッドシートを選択

「データのレポートへの追加」で本ツールのスプレッドシートを選択

データのレポートへの追加画面が表示されますので、コピーして編集権限を持つ本ツールのスプレッドシートを選択します。

 

STEP3:「ワークシート」で「投稿数データ」を選択し、「追加」をクリック

「ワークシート」で「投稿数データ」を選択し、「追加」をクリック

次にワークシートの選択画面が表示されますので「投稿数データ」シートを選択し、画面右下にある「追加」をクリックします。

最後に右上にある「編集して共有」ボタンをクリックします。

これでLooker Studioのセッティングは完了です。

 

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツール:ご利用上の注意点

  • 本ツールの利用には、Googleアカウント、Twitter(X)アカウント、Twitter API(Basicプラン以上)の利用権限が必要になります。
  • 本ツールはTwitter APIを使用して情報を取得・操作しております。場合によっては、一時的に情報が取得できない場合や、情報の取得・操作が失敗するケースもございます。予めご了承ください。
  • 本ツールはTwitter APIの有料プラン(Basicプラン)ご利用者向けのツールです。Freeプランのご利用者様はご利用いただけませんので、予めご了承ください。
  • Twitter APIの有料プラン(Basicプラン)には、時間あたりに取得できるデータの上限数があります。場合によっては、上限に至り、データの取得に失敗するケースもございます。予めご了承ください。
  • 本ツールの利用で発生した問題の責任は負いかねます。事前に使い方をテスト、理解した上で、ご利用ください。
  • ツールおよびプログラムの著作はGASラボにあります。無断での転載・再販・配布・共有やソースコードのコピーは固く禁止しております。
  • 本ツールは処理時間に上限があります(約6分)。あらかじめご了承ください。
  • 本ツールは初回利用時に「認証・許可プロセス」が発生します。認証・許可を下記の記事を参考に進めて下さい。
  • 本ツールはTwitter APIの仕様変更に伴い、ツール自体の仕様が変更になる可能性やアップデートされる可能性、データの取得やAPIを使った操作ができなくなる可能性がございます。予めご了承ください。

 

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールに関するQ&A

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールはどこで入手できますか?

2024年2月現在、Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールは下記のプラットフォームにて公開しております。

  • note
  • GASラボ

本ツールでデータを取得すると、TweetCapは消費しますか?

2024年2月現在のTwitter APIの仕様では、TweetCapは消費しません。

Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツールの使い方に関する問い合わせ方法は?

ご購入されたプラットフォームそれぞれのお問い合わせ方法に従ってお問い合わせください。

ツールを利用中エラーが発生しました。エラーの解消方法はどこに記載されていますか?

本ツールで発生するエラーのほとんどのケースがTwitter APIに関連するエラーと予想されます。

下記の記事のQ&Aセクションでは、発生したエラー別の解消方法を詳しく記載しておりますので、まずはこちらをご参照ください。

関連記事

本記事では、Twitter API有料化公式アナウンス後である2023年10月最新のTwitter APIの利用に必要な「API Key」&「API Key Secret」(OAuth1.0a利用の場合)の取得・確認方法、および「Clien[…]

Twitter APIのKeyやSecretの取得・確認手順※2023年9月最新

 

GASラボのTwitter(X)自動化ツールのご紹介

GASラボでは主にGoogle Apps Script(GAS)にて開発した自動化ツールを企画・開発しております。これまで開発したツールは2024年1月現在、100種類以上を超え、今後も随時新規で開発、公開していく予定です。

Twitter(X)の自動化をするツールも複数開発しておりますので、主なツールを紹介します。

その他のTwitter(X)関連の自動化ツール

GASラボではその他Twitter(X)を自動化できるツールを複数ご用意しております。是非ご覧ください。

関連記事

本記事では自動化ツールやAIツールを企画開発するGASラボの「Twitter(X)ハッシュタグ投稿数取得ツール」の概要・使い方、入手方法、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。【はじめに】Twitter(X)[…]

Twitter(X)ハッシュタグ投稿数取得ツール
関連記事

本記事では業務自動化ツールを企画開発するGASラボの「Twitter(X)ハッシュタグ検索結果エクスポートツール」の概要・使い方、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。Twitter(X)ハッシュタグ検索結果[…]

Twitter(X)ハッシュタグ検索結果エクスポートツールご利用マニュアル
関連記事

本記事では自動化ツールやAIツールを企画開発するGASラボの「Twitter(X)アナリティクス自動取得ツール」の概要・使い方、入手方法、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。【初めての方へ】Twitter([…]

Twitter(X)アナリティクス自動取得ツールご利用マニュアル
関連記事

本記事では自動化ツールやAIツールを企画開発するGASラボの「Twitter(X)自動フォローツール」の概要・使い方、入手方法、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。【はじめに】Twitter(X)自動フォロ[…]

Twitter(X)自動フォローツール
関連記事

本記事では業務自動化ツールを企画開発するGASラボの「Twitterツリー形式ツイート予約投稿ツール(自動RT機能付き)」の概要・使い方、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。Twitterツリー形式ツイート[…]

Twitterツリー形式ツイート予約投稿ツールご利用マニュアル
関連記事

本記事では自動化ツールやAIツールを企画開発するGASラボの「ツイート一括取得・保存ツール」の概要・使い方について詳しく解説しております。GASラボの「ツイート一括取得・保存ツール」をご存知ではない方向けに、ツールを入手する方法や、[…]

【Twitter(X)】ツイート一括取得・保存ツール
関連記事

本記事では業務自動化ツールを企画開発するGASラボの「Twitterブックマーク自動エクスポートツール」の概要・使い方、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。Twitterブックマーク自動エクスポートツールの[…]

関連記事

本記事では業務自動化ツールを企画開発するGASラボの「いいね済みツイート自動リストアップツール」の概要・使い方、よくある質問に関するQ&Aについて詳しく解説しております。いいね済みツイート自動リストアップツールの概要[…]

いいね済みツイート自動リストアップツールご利用マニュアル
Twitter(X)リンク付きツイート投稿数取得ツール
最新情報をチェックしよう!